fc2ブログ

日本秘湯を守る会の宿(5)元湯 雄山閣で、なまはげ&石焼料理

週末の飲みニストは、秋田にて。。。

今週は、大人の休日倶楽部パスを利用して、秋田の城巡り!!
秋田の宿は、男鹿半島の日本秘湯を守る会の宿「元湯 雄山閣」に宿泊です。

PXL_20230701_070236308.jpg

【元湯雄山閣】
日本秘湯を守る会の説明:
   源泉直行・噴き流しの湯
  「秘湯の湯」イコール「山の中の一軒宿」を想像する方が、多いと思います。現代の便利な日常を離れて、
  『不便を体感する』そんな、少しサバイバル感のある旅のイメージでしょうか。
   ここ、元湯雄山閣のある、男鹿温泉は、日本海に突き出た男鹿半島にあります。
   公共交通を使っても、マイカーでも、一年中来館可能です。開放的な景色の中で、心も開放しましょう!!
   お湯は、源泉をそのまま浴槽に『 噴き流し 』ています。
   男鹿の守り神である、「なまはげ」の口から、勢い良くお湯が「噴き出す」様子は圧巻!!
   まさに、なまはげの叫び声のようです。百聞は一見にしかず。是非、体感ください。お待ちしております。
住所:秋田県男鹿市北浦湯本字草木原52
電話:0185-33-3121

入口で、なまはげが迎えてくれます。
PXL_20230701_070408422.jpg

今日のお部屋は、こんな感じ。
PXL_20230701_070543333.jpgPXL_20230701_071031638.jpg

お部屋にも、やっぱり赤と青のなまはげがいました(笑)

高台にあるので、眺めはよく、日本海が見えます。
PXL_20230701_070641779.jpg

チェックインした後は、早速お風呂へ!!
お風呂にも、やっぱりなまはげちゃんがいました(爆)

お風呂でゆっくりした後は、夕食へ!!
本日の献立はこちら。
PXL_20230701_090229827.jpg

【前菜】
PXL_20230701_090326318.jpg

前菜は、
・鰰寿司
・つぶ貝山葵和え
・もずく酢  の3種類。

【翡翠豆腐】
PXL_20230701_090343020翡翠豆腐

【造り】
PXL_20230701_090349322造り(鰹、平目、樽烏賊、甘海老)

造りは、
・鰹
・平目
・樽烏賊
・甘海老

【男鹿産とろとろ若布】
PXL_20230701_090353522男鹿産とろとろ若布

【黄金鰈塩魚汁焼き】
PXL_20230701_091924369黄金鰈塩魚汁焼き

【男鹿田舎料理「あんぷら餅」】
PXL_20230701_091935015男鹿田舎料理「あんぷら餅」

【サザエつぼ煮】
PXL_20230701_092136633サザエつぼ煮

【豚肉とミズの胡麻味噌バター焼き】
PXL_20230701_090333253豚肉とミズの胡麻味噌バター焼き

ここで、男鹿名物「石焼料理」のイベントがスタート!!
PXL_20230701_092710589男鹿名物「石焼料理」

PXL_20230701_092712663.jpg

桶の中に、焼かれた石を入れると、一気に沸騰してきます。
そこに食材を入れて煮ていきます。
PXL_20230701_092834446.jpgPXL_20230701_093547076.jpg

美味しい料理には、日本酒を!!

【高清水】
PXL_20230701_090443911高清水

【天の戸】
PXL_20230701_092444929天の戸

【北秋田】
PXL_20230701_095806422北秋田
スポンサーサイト



日本秘湯を守る会の宿(3):ふけの湯で、野天風呂を楽しむ!!

週末の飲みニストは、秋田にて。。。

今週は、大人の休日倶楽部パスを利用して、東北の城巡りへ!!

岩手県の城をまわった後は、秋田県の蒸ノ湯温泉「ふけの湯」さんへやってきました!!
こちらは、八幡平最古の温泉で、大浴場・露天風呂に加え、野原の中に「野天風呂」があります。

PXL_20230624_071727063.jpg

PXL_20230624_071903171.jpg

【ふけの湯】
日本秘湯を守る会の説明:
   金勢さまのある子宝の秘湯
   古くから八幡平の湯治場として知られていたが、昭和48年に土砂崩れで倒壊し、
   今は少し離れた場所に木造の建物で営業を続けている。
   すべて木造りにこだわっているのは「ふけの湯ファン」への愛情だろうか…。
   館内の木の浴室には何時も入浴客の絶え間がない。溢れる乳白色の硫黄泉は如何にも山のいで湯らしい安らぎだ。
   この温泉は子宝の湯として宣伝され、子宝をさずかった湯治客が奉納した「金勢さま」が
   廊下の一隅に祭られている。
   玄関横の小道を少し歩いていくと無雑作に作った露天風呂がある。とにかく湯量が多い。
   また、マイナスイオンの含有量は日本最大といわれている。見上げる一帯は八幡平の樹海で、
   ブナやダケカンバ、アオモリトドマツの緑のまっただなかの一浴は爽快そのものである。
   この付近の標高は1100㍍という。
   八幡平頂上からふけの湯に下る登山コースも安易なので、温泉と登山を兼ねた年配のお客も多い。
住所:秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林
電話:0186-31-2131

ふけの湯に着いたら、まずは、やっぱり温泉へ!!

野天風呂に行く前に、内風呂と露天風呂を楽しみます。
PXL_20230624_072055453.jpg

こちらのお宿には、シャワーがなく、代わりに貯湯槽があり、お湯をすくって使います。
また、露天風呂からは、野天風呂の湯気が見えています。

内風呂を楽しんだあとは、野天風呂へ。
野天風呂には混浴もあるのですが、女性の宿泊者には湯浴み着を500円でレンタルしてくれます。
野天風呂は、枡風呂や樽風呂・岩風呂など色々なお風呂があり、楽しみました。


お風呂をたっぷりと楽しんだあとは、夕食へ!!

PXL_20230624_090315385.jpg

PXL_20230624_090445698.jpg

PXL_20230624_090500255.jpg

PXL_20230624_090502223山菜の天ぷら

PXL_20230624_090505121.jpg

PXL_20230624_090508669.jpg
PXL_20230624_090510295.jpgPXL_20230624_090516603.jpgPXL_20230624_090522592.jpgPXL_20230624_090544137茶碗蒸しPXL_20230624_091240544.jpg

八幡平の山で手に入った食材を使った蒸ノ湯式薬膳といわれる料理を美味しくいただきました。

美味しい料理に、お酒が進んで、日本酒もたっぷりいただきました!!

PXL_20230624_092322983千歳盛PXL_20230624_092819137秀よしPXL_20230624_100210772ふけのゆ

秋田の日本酒の聖地「永楽食堂」で日本酒を楽しむ!!

東北旅行2日目は、秋田にて。。。

今日は、朝から鶴岡から秋田に移動し、男鹿半島観光を楽しみ、
夜は、秋田の「永楽食堂」さんにやってきました。
MVIMG_20200928_185707.jpg

こちらのお店はとても人気のお店ということで、予約して訪問しました。
お店にやってくると、やはり満席状態で、予約していたので、
入店することができました。

お店の壁には、ずら~っとお酒の短冊が貼られていて、まさに聖地。
MVIMG_20200928_190016.jpgMVIMG_20200928_190018.jpg

まずは、レモンサワーで乾杯!!
MVIMG_20200928_190426_1レモンサワー

お通しに、シラスと冷奴がでてきました。
MVIMG_20200928_190402シラスMVIMG_20200928_190415冷奴

【ピーマン肉詰め焼き】
ピーマン肉詰めは、チーズが載って焼かれていて、
子供もよろこんで食べました。
MVIMG_20200928_191229_1ピーマン肉詰め焼き

レモンサワーのあとは、早速、日本酒へ!!
まずは、新政3種飲み比べ。
・コスモス
・亜麻猫
・陽乃鳥  の3種で1000円は、嬉しいですね。
MVIMG_20200928_191435_1新政3種(コスモス、亜麻猫、陽乃鳥)

【きりたんぽ鍋】
秋田の名物きりたんぽ鍋を一人前から注文できるのは嬉しいですね。
MVIMG_20200928_191751_1きりたんぽ鍋

【長芋明太チーズ焼き】
長芋、明太子、チーズとくれば、美味いこと間違いなし。
いい日本酒のあてになります。
MVIMG_20200928_191835長芋明太チーズ焼き

日本酒は続いて、私の大好きな山本3種飲み比べ。
・アイスブルー
・ロイヤルストレートフラッシュ
・ファストブレイク
MVIMG_20200928_193412山本3種(アイスブルー、ロイヤルストレートフラッシュ、ファストブレイク)

【イワシポテトサラダ】
イワシフライのなかにポテトサラダが入っていて、めっちゃボリューミー!!
食べてもウマウマです。
MVIMG_20200928_192024イワシポテトサラダMVIMG_20200928_192228イワシポテトサラダ

【レンコン海老真丈揚げ】
レンコン海老真丈揚げは、お出汁で美味しくいただきます。
MVIMG_20200928_192809レンコン海老真丈揚げ

そして、日本酒は、天の戸3種飲み比べ。
・天の戸35
・夏田冬蔵
・天の戸45 

【オムライス】
〆のご飯はオムライスを!!
MVIMG_20200928_201815オムライス

おなかも一杯になり、楽しく酔っぱらいました。

【今日のお店】
店名:永楽食堂
住所:秋田県秋田市中通4-11-10
電話:018-833-1473

飲みニストの北東北旅行記その1(酒蔵探訪編)

10月17日(日)から22日(金)まで、北東北旅行へ出かけた飲みニスト。。。

そんな飲みニストの旅行記ですが、写真も半端ないので、ジャンルを分けて紹介していきたいと思います。

まずは、「酒蔵探訪編」からスタート!!

今回の旅行で、4~5蔵を回る予定だったのですが、
結果的には、3つの酒蔵を見学してきました!!
(酒づくりの工程などは省略して、飲みニストが気になった点を記載しております)


1.新政酒造

10月17日(日)、飛行機で秋田空港に着いた飲みニストは、レンタカーを借りて、
秋田市内へ。。。

秋田市の繁華街「川反(かわばた)」にあるホテルに荷物と車をおいて、
川反の外れにある「新政酒造」さんへむかいました!!

日曜日の16時くらいということで、開いているお店もほとんどなく、
寂しい限り。。。

飲み屋街、ラブホテル・風俗街を越えたところに、新政さんはありました!!

新政酒造01.JPG

「新政酒造」さんといえば、6号酵母の故郷で、最近、6号酵母にこだわった
酒づくりをしている酒蔵さんです。

蔵を訪問すると、杜氏の鈴木さんが出迎えてくれました!!

杜氏というと、年をとった人をイメージするのですが、
鈴木杜氏は、数年前に抜擢された若い杜氏で、とても気さくな方でした。

新政さんでは、9月から酒づくりがスタートしており、
酒づくりの工程に沿って教えていただきました。

(以下、蔵見学して気になった点について記載させていただきます)

〇米の浸漬に、漁業用のボックス(?)で行っているとのこと。
 理由としては、水切れがよく、上と下の米で同じくらいの水分量にできるからとのこと。。。

新政酒造02(浸漬).JPG

〇麹作りを「手作り」と「製麹機」で使い分けている。
 (例えば、本醸造は機械、純米吟醸は手作りなど)

普通は、麹造りは人間がかき混ぜて温度調整をしているのですが、

新政酒造03(麹づくり).JPG

製麹機は、エレベータのように上下させて温度の均質化を行いながら、
自動的にかき混ぜてくれるとのこと。
温度・湿度を設定しておけば、すべて自動でコントロールしてくれるとのこと。。。

新政酒造04(製麹機).JPG

新政酒造05(製麹機).JPG

〇実際に仕込んでいる「もろみ」を見せてもらいました。。。
 もろみ独特ににおいがたまりません。。。

新政酒造06.JPG

新政酒造07(もろみ).JPG

〇貯蔵タンクは、すべてサーマルタンク。。。
 だから、気温が高い9月から酒づくりができるんですねぇ。。。

新政酒造08(貯蔵タンク).JPG

〇貯蔵は、すべて瓶貯蔵。タンクのなかに残しておくと、酸化して劣化してしまうからとのこと。。。
 酒の品質へのこだわりが感じられます!!

新政酒造09(瓶貯蔵).JPG

蔵見学のあとは、3種類の新政を試飲させていただきました!!

左から、純米吟醸グリーンラベル、山廃純米ホワイトラベル、特別純米ブラックラベル

新政酒造10(試飲).JPG

飲みニスト的には、特別純米ブラックラベルの旨味をとっても美味しく感じました!!


2.山本合名

10月18日(月)、田沢湖観光・乳頭温泉で入浴してくつろいだ飲みニストは、
能代方面へ。。。

お目当ては、にごり酒の「ど」シリーズで有名な、「山本合名」さん

今回は、営業部長の大澤さんが案内をしてくれました!!

山本合名01.JPG

〇ここの蔵は、世界遺産の白神山地に湧き出る天然水を自家水道で蔵まで引き入れています
 実際に飲ませていただきましたが、冷たくてとっても美味しいミ水でした!!

〇精米機、でっかぁ~い!!〇〇%と指定すると、一度に900kgくらいの米が精米できます!!

山本合名02(精米機).JPG

〇こちらは、普通の仕込タンク
 温度があがり過ぎたら、水をタンクの周りに流して冷やし、
 温度がさがり過ぎたら、電熱器で温めたりと、調整がたいへんそうです。

山本合名03(仕込タンク).JPG

〇蔵の中には、素敵な照明や、ビートルズグッズが。。。
 仕込のときにも、ビートルズの曲をかけながら作業をしているとのこと。。。

山本合名04.JPG

山本合名05.JPG

〇そして、1万円を超えるくらいの貴重なお酒を貯蔵しておくための地下貯蔵庫
 (残念ながら、中に入ることはできませんでした。。。)

山本合名06(冷蔵地下貯蔵庫).JPG

山本合名07(冷蔵地下貯蔵庫).JPG

蔵見学の後も、「ど」シリーズの発売経緯や、酒蔵としての悩みなど聞かせてもらいました!!

実際の仕込のシーズンであれば、もろみなども味わわせてもらえるとのこと!!

今度は、冬場に来てみたいものです!!


3.喜久水酒造

10月19日(火)、ホテルで朝食を食べた後、不老不死温泉で日本海を眺め。。。

その後、能代の天洋酒店に行き、店主の浅野さんに案内いただきました!!

こちらの蔵も仕込みはまだということで、設備を中心に説明してもらいました!!

喜久水酒造01.JPG

〇精米機と、精米結果のお米をみせてもらいました!!
 35%精米の米。。。ちっちゃくて、まん丸。。。ここまで、削るんですねぇ。。。

喜久水酒造02(精米機).JPG

喜久水酒造03(35%精米).JPG

〇こちらの蔵にも「製麹機」がありました
 酒蔵の数が少なく、蔵にあわせたサイズになるため、オーダーメイド状態で、とっても高いとのこと。。。

喜久水酒造04(製麹機).JPG

〇こちらには、搾り用の遠心分離機がありました(これも高価らしい)
 これでやると、かなり純粋に分離できるとのことですが、
 天洋さんいわく、純粋過ぎるより、ある程度雑味がある方が美味しいってことで、今はほとんど使っていないとのこと。。。

喜久水酒造05(遠心分離機).JPG

〇そうそう、酒粕で造るカストリ焼酎も作っていましたよ。。。

喜久水酒造06(蒸留機).JPG

喜久水酒造07(焼酎).JPG

そうそう、こちらの蔵は、昔の鉄道のトンネルをお酒の貯蔵庫として利用していることでも有名!!

喜久水酒造08(トンネル貯蔵).JPG

喜久水酒造09(トンネル貯蔵庫).JPG

今回は、トンネル貯蔵庫に入れず、残念。。。

また、機会があれば、入って見たいで~す!!


プロフィール

nominist

Author:nominist
フードキュレーターの飲みニストです。
日々の飲み歩きの結果を、メシコレ・NOMOOO等に執筆しております。
また、ガラスびん応援隊として、ガラスびんを応援しております。

<メシコレ>
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/curator/tanshinotoko/
<NOMOOO>
http://www.nomooo.jp/author/nominist/
<バスサガス>
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/nominist/
<トラベルラウンジ>
http://japanflight.tripstar.co.jp/column/author/nominist/
<ガラスびん応援隊>
http://glassbottle.org/glassbottlenews/ouentai

取材依頼・モニター依頼は、以下のFBページからメッセージにてご連絡ください!!

https://www.facebook.com/nominist/

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
食べログ グルメブログランキング