fc2ブログ

日本秘湯を守る会の宿(13):「燕温泉 樺太館」、日本酒好きにはたまらない宿!!

週末の飲みニストは、妙高にて。。。

今週は、妙高・長野旅行へ!!
1泊目は、燕温泉の樺太館に宿泊です。
12月の頭なので、雪はまだ大丈夫かと思っていたのですが、
しっかり積雪おり、なんとかレンタカーで燕温泉まで上がることができました。
PXL_20231202_053817037.jpg

【樺太館】
日本秘湯を守る会での説明:
   妙高山麓に豊富な湯量
   彼岸に来て彼岸に帰る〝つばめ〟と同じように、夏だけ湯小屋を建てて営業したところから、
   燕温泉の名がついたという。
   主人の内記さんの家は先々代が、仕事で樺太に行っていた当時の記憶を忘れないようにと「樺太館」の名をつけ、
   以来三代にわたってこの土地で温泉宿を営んでいる。
   妙高山から流れる大田切川が、雪どけ水を集め、或る所では滝をつくり、又或る所では豪壮な流れをつくっていた。
   まばゆい新緑の樹海が関温泉からの渓谷ぞいの友である。
   宿から徒歩で約5分。名物の露天風呂がある。
   じつに豪快な石組の露天風呂である。
   そよ吹く山の風を浴びての露天風呂は何となく身も心も洗われるような気分である。
   大自然の恩恵を満喫できる温泉として今後も多くの人に愛されることだろう。
住所:新潟県妙高市大字関山6087
電話:0255-82-3101

雪の中ということで、かなり寒かったのですが、
部屋の窓は二重窓になっていて、エアコン・ファンヒーター・コタツもあり、
防寒対策はばっちりです。
PXL_20231202_054917630.jpg

PXL_20231202_054940360.jpg

PXL_20231202_055108154.jpg

お部屋に荷物を置いたあとは、早速、温泉へ!!
通常この時期には、露天風呂を閉鎖しているとのことでしたが、
工事待ちとのことで、ギリギリ露天風呂にも入ることができました。
PXL_20231202_061059680.jpg

PXL_20231202_061124474.jpg

PXL_20231202_061156398.jpg

温泉で温まった後、夕食となりました。
PXL_20231202_093733377.jpg

料理は、
PXL_20231202_093739833.jpg

・鮎
PXL_20231202_093746673鮎

PXL_20231202_093749312.jpg

・山菜天ぷら
PXL_20231202_093756487山菜天ぷら

・真丈
PXL_20231202_093802744真丈

PXL_20231202_093808362.jpg

・酢の物
PXL_20231202_093810397酢の物

PXL_20231202_093814171.jpg

PXL_20231202_093817990.jpg

・鴨肉・キノコの鍋
PXL_20231202_093828961鴨肉・キノコの鍋

・御飯
・ナラタケのお味噌汁 などなど
PXL_20231202_105847236御飯、ならたけのお味噌汁

PXL_20231202_112135589.jpg

山の幸を中心とした美味しい料理をいただきました。

こちらのお宿は、日本酒が充実しており、
・地酒利き酒三種  700円(25種)
・特別酒利き酒三種 880円(25種)
となっており、自分好みのお酒を選んだり、オススメをいただけたりします。
まずは、地酒利き酒三種(濃いめのお酒)からいただくことにしました。
PXL_20231202_095849208.jpg

PXL_20231202_105046748.jpgPXL_20231202_102044761.jpg

PXL_20231202_102044761.jpg

それにしても、こんなに日本酒が一杯あって、
利き酒が700円から楽しめるって、最高ですね!!
スポンサーサイト



日本秘湯を守る会の宿(1):嵐渓荘で、露天で一杯!!

週末の飲みニストは、新潟にて。。。

今日は、飲み友さんにお勧めいただいた越後長野温泉「嵐渓荘」へ!!

上越新幹線で、燕三条駅で下車。
燕三条駅の燕側出口から14:45に送迎バスに乗って、雪の中、1時間弱で嵐渓荘に到着しました。

PXL_20230121_005292512.jpg

PXL_20230121_005302147.jpg

こちらのお宿は、国登録有形文化財ということで、雪の中のお宿の趣がとってもいいですね。

【嵐渓荘】
日本秘湯を守る会での説明:
   渓流に佇む一軒宿
   越後長野温泉というと関東人はなじみの薄い地名である。
   しかし訪ねてみて驚いた。
   上越新幹線を利用すれば3時間そこそこで行ける一軒宿の仙境なのである。
   守門岳、八十里越えの山々に源を発する守門川の流れのほとり。
   桜や銀杏の古木に囲まれ、庭には水車がまわり、なんとも山里らしいふぜいである。
   小川を眺めながら行くと本館の玄関で、如何にも由緒のありそうな名建築の建物である。
   近年別館を新築したらしいが、なかなか知名度が無く、宣伝には頭をかかえている、と主人の大竹啓五さんはいう。
   料理も、土地がら付近の人々に頼んで採ってもらう山菜が主で、都会人にはことのほか喜ばれているようである。
   春の新緑から冬の雪景色へと四季のうつろいを眺めながらの露天風呂も心地よい。
   新しく貸切家族風呂もできあがっている。住所:新潟県三条市長野1450
電話:0256-47-2211

今日のお部屋は、渓流館の渓流を眺めることができるお部屋です。
PXL_20230121_064027240.jpg

こちらのお宿には、大浴場以外に、山の湯という貸切風呂があります。

PXL_20230121_072311770.jpg

そして、貸切風呂の山の湯では、露天で一杯セット(1650円)をお願いすると、
露天の湯船に桶を浮かべて、お風呂に入りながら、お酒を楽しむことができます。

PXL_20230121_082701287露天で一杯セット

露天風呂に入りながら、お酒を楽しむ!!飲んべぇにはたまりませんね。。。

お風呂を楽しんだあとは、夕食を楽しみます。

今日のメニューは、こちら!!
PXL_20230121_090231319.jpg

PXL_20230121_090056558 (1)

【食前酒(野草草)】
PXL_20230121_090056558 (2)

まずは、レモンチューハイで乾杯!!
PXL_20230121_090249504レモンチューハイ

前菜は、

【ずいき(やつがしらイオの茎)白和え】
PXL_20230121_090056558 (6)

【みずなの実たまり漬け】
PXL_20230121_090056558 (8)

【鮎せんべい】
PXL_20230121_090056558 (7)

【あざみ油炒め、柚子なます、干し柿バター、海老うに焼き、エシャレット特製味噌】
PXL_20230121_090056558 (4)

美味しい前菜には、やっぱり日本酒を!!五十嵐川からいただきます。
PXL_20230121_090222528五十嵐川

【お造り】
PXL_20230121_090426838鯉の洗い

お造りは、鯉の洗い。酢味噌をつけていただきます。

【焼き物】
PXL_20230121_092332510イワナ

今日の焼きものは、深山上流に棲む岩魚です。

【名物】
PXL_20230121_090056558 (5)

名物のぜんまいは、切らずに1本で煮られています。

【小鉢】
PXL_20230121_090056558 (3)

今日の小鉢は、蕨のお浸しです。

【中鉢】PXL_20230121_092341874茶そば 自然薯

茶そばは、自然薯と一緒にいただきます。

お次のお酒は、かじか酒をいただきます。
PXL_20230121_092345811かじか酒
PXL_20230121_092351961.jpg


【鍋物】
PXL_20230121_090202679湯葉鍋

鍋物は、湯葉鍋です。

【肉料理】
PXL_20230121_093916599牛の石焼き 特製ダレ

肉料理は、牛の石焼き。
別格雪室貯蔵にいがた和牛は、サシがきれいに入っていて、めっちゃ美味しそうです。

PXL_20230121_093929868.jpg

【洋皿】
PXL_20230121_095207517.jpg

洋皿は、南瓜グラタン。南瓜をくりぬき、中にグラタンが入っています。

3つ目のお酒は、こぴりんこ。
PXL_20230121_100741417こぴりんこ。

【お吸いもの】
PXL_20230121_101519642お吸い物むかご豆腐、ソーメン、みつ葉、柚子

【ご飯もの】
PXL_20230121_101510188鮭ご飯

【水菓子】
PXL_20230121_101539936塩羊羹

水菓子は、塩羊羹と、
PXL_20230121_101534078さつま芋のブリュレ

さつま芋のブリュレです。



新潟旅行で、回転寿司を楽しむ!!「廻転寿司弁慶 新潟ピア万代店」

休日の飲みニストは、新潟にて。。。

今日は、日帰りで新潟旅行。
ランチを食べに、「廻転寿司弁慶 新潟ピア万代店」にやってきました!!
DSC_0003.jpgDSC_0005.jpg

まずは、生ビールで乾杯!!
DSC_0014.jpg

今日いただいたのは、

・天然ぶり
DSC_0012.jpg

・寒ぶり
DSC_0018.jpg

・のどぐろ
DSC_0021_202109120611385a1.jpg

・えびの味噌汁
DSC_0023.jpg

・中とろ
DSC_0024_20210912061141a71.jpg

・穴子
DSC_0027_20210912061144adf.jpg

・南蛮えび
DSC_0032_202109120612506e9.jpg

・ぶりとろ
DSC_0033.jpg

・のどぐろ
DSC_0039.jpg

ぶりとろとのどぐろが、めっちゃ脂がのっていて、ウマウマでした。

追加で、金鶴のワンカップをいただいて、終了としました。
DSC_0030_2021091206145817b.jpg

【今日のお店】
店名:廻転寿司弁慶 新潟ピア万代店
住所:新潟県新潟市中央区万代島2-4 ぴあ万代
電話:025-255-6000

プロフィール

nominist

Author:nominist
フードキュレーターの飲みニストです。
日々の飲み歩きの結果を、メシコレ・NOMOOO等に執筆しております。
また、ガラスびん応援隊として、ガラスびんを応援しております。

<メシコレ>
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/curator/tanshinotoko/
<NOMOOO>
http://www.nomooo.jp/author/nominist/
<バスサガス>
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/nominist/
<トラベルラウンジ>
http://japanflight.tripstar.co.jp/column/author/nominist/
<ガラスびん応援隊>
http://glassbottle.org/glassbottlenews/ouentai

取材依頼・モニター依頼は、以下のFBページからメッセージにてご連絡ください!!

https://www.facebook.com/nominist/

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
食べログ グルメブログランキング