fc2ブログ

日本秘湯を守る会の宿(14):料理が美味しく、日本酒も充実の「満山荘」

週末の飲みニストは、長野にて。。。

今週は、妙高・長野旅行。
2泊目は、沓掛温泉 満山荘に宿泊です。
PXL_20231203_065225663.jpg

【満山荘】
説明:日本秘湯を守る会での説明:
   ふるさとのような田舎
   沓掛温泉は、上田から松本へ向う143号線の青木から左にそれ、鹿教湯に通じる道路の中ほどにある。
   沓掛橋のバス停から桜並木の坂をわずかに上ったところに「満山荘」の看板が目についた。
   ひなびた温泉場で、その中心は共同湯と集落の炊事場である。
   この集落は井戸を掘っても水が出ず、温泉がすべて水の代りをした古い時代の生活の名残りが、今も生きていた。
   海抜670㍍、満山荘の窓の下に広がる青木村の田園風景はじつにおだやかである。
   小高い山なみを取り入れた風景は、ふるさとの感じである。
   温泉は単純温泉で高血圧や神経痛によいという。
   近くの大法寺や塩田平の古刹めぐり、修那羅峠の石仏歩きなどを組合わせると年配者むきの心安まる旅が楽しめる。住所:長野県小県郡青木村沓掛434
電話:0268-49-2002


今日のお部屋はこちら。
PXL_20231203_070643173.jpg

PXL_20231203_070657084.jpg

お部屋に荷物を置いたら、早速お風呂へGo!!
PXL_20231203_071835801.jpg

PXL_20231203_071908812.jpg

PXL_20231203_071919336.jpgPXL_20231203_071929802.jpg

PXL_20231203_071943794.jpg

お風呂に入ったあとは、2Fの酒処雪形でビールやワイン・日本酒の飲み放題を楽しみます。



PXL_20231203_074159413.jpg

PXL_20231203_074211875.jpg

PXL_20231203_074222872.jpg

PXL_20231203_074443295.jpg

PXL_20231203_074450546.jpg

夕食の時間が来たので、食事場所へ向かいます。
PXL_20231203_092912240.jpg

PXL_20231203_093018363.jpg

夕食の献立は、こちら。
PXL_20231203_093105300.jpg

PXL_20231203_093056196.jpg

・食前酒

・生湯葉 クコ柚子胡椒
PXL_20231203_093257060生湯葉クコ柚子胡椒

・信州サーモンのコンフィ
 塩麹 アロエ ヤングリーフ シーサラダ
PXL_20231203_093322267信州サーモンのコンフィー、塩糀アロエヤングリーフシーサラダ

・地物野菜他とピクルスなど
 ビーツとキャロットソース オニオンバルサミコ酢
PXL_20231203_093337047地物野菜他とピクルスなど

・牛乳豆富 柚子味噌
PXL_20231203_093421654牛乳豆富柚子味噌

・十六穀米スープ ドライベジタブル
PXL_20231203_093839592十六穀米スープ、ドライベジタブル

・冬の天婦羅
 ヒラ茸
PXL_20231203_094246429冬の天婦羅、ヒラ茸 

白茄子 
PXL_20231203_094519148白茄子

福耳なんばん 
PXL_20231203_094721890福耳なんばん

真菰茸
PXL_20231203_094936505真菰茸 

スティックブロッコリー
PXL_20231203_095141172スティックブロッコリー

信州リンゴ
PXL_20231203_095328554信州りんご

・チーズの茶碗蒸し
 トマト ねぎ
PXL_20231203_100332037チーズの茶碗蒸し

・牛ヒレと夕顔のお吸い物
 ディル 錦糸瓜 人参 ブラックペッパー
PXL_20231203_101711517牛ヒレと夕顔のお吸い物

・大岩魚 春菊ジェノバ風
 長芋 椎茸 ミニキャロット
 大根生ハム巻 大吟酒粕味噌
 紫芋ソース パプリカパウダー
PXL_20231203_102651474大岩魚春菊ジェノバ風

・野沢菜茶漬け
PXL_20231203_104618136野沢菜茶漬け

・白桃ソルベ りんごデンキブラン煮
 ブラックベリーヨーグルトソース
PXL_20231203_105621706白桃ソルベりんごデンキブラン煮

どの料理も美しく盛り付けされており、
味も美味しく、温泉旅館のレベルを超えています。
特に、天婦羅は一つ一つあげたてを提供してくれるのが、めっちゃ幸せでした。

そして、日本酒の種類も多く、ずら~っと並んだ約20種類の日本酒から選んでいただきます。
PXL_20231203_092935101.jpg

大信州
PXL_20231203_093154303大信州

十六代九郎右衛門
PXL_20231203_094242969十六代九郎右衛門

信州亀齢
PXL_20231203_095955356信州亀齢

渓流朝しぼり
PXL_20231203_102134684渓流朝しぼり

食事のあとは、のんびりとお風呂へ。。。
PXL_20231203_191801515.jpg

PXL_20231203_191856816.jpg

PXL_20231203_191914671.jpg
スポンサーサイト



日本秘湯を守る会の宿(8):「神乃湯」で、大自然のなかで温泉と食事を楽しむ!!

週末の飲みニストは、諏訪にて。。。

今日は、朝から長野県の城巡り、「毒沢鉱泉 神乃湯」に宿泊することにしました。
神乃湯は、諏訪大社下社春宮から坂をあがっていった山の中にありました。

PXL_20230826_082521151.jpg

PXL_20230826_082553957.jpg

PXL_20230826_082619845.jpg

PXL_20230826_082647803.jpg

【神乃湯】
日本秘湯を守る会での説明:
   御柱の木落し坂近くの仙郷
   諏訪大社下社の少し北、急勾配の坂道を登りきるとあたりは一変、
   毒沢仙峡の鬱蒼と生い茂る杉木立に覆われた高台に神乃湯が建っていた。
   玄関は土間風で、民芸調の木造づくり。こぢんまりした部屋の窓辺は、仙郷の緑も清涼感あふれ、空気もおいしい。
  「神乃湯」の由縁は、祖父母の幼子が瀕死の病床のさなか、
   夢枕で弁天様から「持ち山(毒沢仙峡)の鉱泉で治せよ」とお告げを受け、
   沸かし湯と飲泉のおかげで完治したのが宿の興りだとか。
   戦前は自然の鉱泉水そのものが売薬許可を受け、皮膚薬にもなった過去の歴史をもつ。
   明礬泉と緑礬泉の両方の成分をふくむ珍しい鉱泉だ。運転手さんいわく、
   酸性の源泉は飲めば胃腸にもいい「渋の湯」で地元でも折り紙つきとか。
   低めの源泉をいかした温冷浴が自律神経の機能を高めるのにもいいという。
   体の芯から引き締まり、全身がすっきりと軽くなった。
   大食ざんまいの旅館料理はこりごりという人には、野菜や川魚中心の健康食、
   低カロリーの山里料理は嬉しいかぎり。
   鍼灸師、薬剤師でもある若主人は「気軽に湯治や保養に…元気になっていただける宿づくりを目指しています」
   とさりげない。
   緑茂るる静寂境、澄みきった大気に響きわたる野鳥の楽園。ほっと心身も和む宿である。
住所:長野県諏訪郡下諏訪町7083
電話:0266-27-5526

今日のお部屋は弁天のお部屋。
PXL_20230826_082834434.jpg

PXL_20230826_082949151.jpg

PXL_20230826_083045207.jpg

PXL_20230826_083110945.jpg

お部屋の外には、大自然が広がっています。

チェックインしたあとは、早速温泉を楽しみます。
こちらの温泉には、源泉の冷泉と温泉が楽しめます。

PXL_20230826_083258018.jpg

PXL_20230826_083318722.jpg

PXL_20230826_083442176.jpg

温泉のあとは、夕食へ!!

PXL_20230826_092227120.jpg

食前酒をいただいたあとは、早速、日本酒の翠露をいただきます。

PXL_20230826_092603263翠露

【前菜】
PXL_20230826_092404035.jpg

前菜は、
・サーモン 玉葱ドレッシング
PXL_20230826_092409142サーモン、玉葱ドレッシング

・大根
PXL_20230826_092414241大根

・キウイ
PXL_20230826_092417086キウイ

・茄子の煮浸し
PXL_20230826_092428501茄子の煮浸し

・筍
PXL_20230826_092451980筍

・エシャレットPXL_20230826_092456868エシャレット


【蕎麦の実の卵とじ】
蕎麦の実のほろほろした食感がいいですね。
PXL_20230826_092726913蕎麦の実の卵とじ

【鮎の塩焼き】
鮎の塩焼きは、頭から尻尾まで丸かじりで美味しくいただきました。
PXL_20230826_092715761鮎の塩焼き

PXL_20230826_092731670.jpg

PXL_20230826_095410565.jpg

お次のお酒は、白ワイン「MdV善光寺竜眼」をボトルでいただき、
美味しく酔っぱらいました!!
PXL_20230826_094415264MdV善光寺竜眼2022

11/16 松本にて蕎麦を味わう!!

11月16日(水)、松本出張の飲みニストは、あずさに乗ってお昼前に松本に到着!!

松本01.JPG

お目当ての「浅田」さんにむけて、松本駅から歩いていきました。

地図を見ながら細い道を入っていくと、浅田さんがありました!!

松本02(浅田).JPG

松本03(浅田).JPG

こちらのお店は、テーブルと座敷があるのですが、テーブル席に着席。。。

メニューをみると、

松本04(浅田).JPG

<そば>

 ○ざるそば        800円
 ○十割ざるそば    1000円
 ○きのこそば      1200円

<つまみ>

 ○わさび醤油漬     200円
 ○焼味噌         300円
 ○きのこのおろし和え 400円

飲みニストは、十割ざるそばを1枚オーダー!!
1枚ではおそらく量的には物足りないと思うのですが、もう1軒まわりたかったので、ここは我慢。

松本05(浅田:十割ざるそば).JPG

十割ざるそばは、細目の麺でツルツルっと口の中に流れ込んでくる感じ。。。

辛味大根と一緒に食べると、辛味大根がいいアクセントになって、これまた、美味い!!

やはり、1枚ではおなかは満たされませんでしたが、美味しくいただくことができました。

そば湯で締めて、さぁて、次の店へ。。。


2軒目は、松本城方面に歩いて「三城(さんじろ)」さんへ!!

松本07(三城).JPG

お店に来ても、看板もなく、蕎麦屋とも書いていないので、知らない人には全く何屋さんなのかわからない。。。

お店に入ってみると、お客さんはいるんですが、店員は誰もいない。。。(う~ん、どうしよう)

少し待っていると、ようやく女将さんが登場!!席に案内してもらいました!!

店内は、時間が止まっているかのような落ち着いた雰囲気。う~ん、いい感じっす!!

松本08(三城).JPG

こちらのお店は、蕎麦のコース(2000円)しかないので、メニューはありません。

大き目のおしぼりが出てきて、「お酒は飲まれますか?」と聞かれます。

気持ち的には、もちろん「はい!!」なのですが、仕事中なので泣く泣く「いいえ」と。。。

お酒の代わりにお茶をだしてもらいました。

まずは、「あみたけ」がでてきましたが、これはまさにお酒のあて。。。(涙)

松本09(三城:あみたけ).JPG

そして、ざるそばが登場!!深めのざるに太目の麺がしっかりと入っています。

松本10(三城:ざるそば).JPG

太目の麺をそばつゆにつけて食べると、シコシコ感が美味~い!!

量も思ったよりもしっかりと入っていたので、満足しました。

そばを食べた後は、そば湯ももちろんいただきました

松本11(三城:そば湯).JPG

ざるそばを食べ終わると香の物が登場。。。う~ん、これもお酒があれば。。。(涙×2)

松本12(三城:香の物).JPG

締めは、かりん。ほど良い甘さがいい感じでした。

松本13(三城:かりん).JPG

食べ終わってお店を出ると、店の前に人がいて、「こちらは何の店ですか」と聞かれ「蕎麦屋」と回答したのですが、ほんと分かんないですよね。。。


11/16 松本にて酒を味わう!!

11月16日(水)、松本出張の飲みニストは、仕事終えて飲みモード!!

松本のツレが来るまでに少し時間があったので、やきとん68円という駅前の「炭火やきとん 豚みむら」さんで時間をつぶすことに。。。

松本14(豚みむら).JPG

カウンターに席を確保し、トリハイをオーダー!!1杯250円というのはリーズナブルですね。

松本15(豚みむら:トリハイ).JPG

お通しはキャベツ、あてには、ハラミとレバーをオーダー!!

出てきたやきとんは、かなり小さい。。。まぁ、68円なので、仕方がないですね。。。

松本16(豚みむら:ハラミ、レバー).JPG

飲んでいると、サービスでタンモトを出してくれました。これが、なかなか美味かったで~す!!

松本17(豚みむら:タンモト).JPG

こちらで、ツレと合流し、2軒目「あぶり家SOUL」へ。。。

松本18(あぶり家).JPG
松本19(あぶり家).JPG

生ビールでカンパ~イっと。。。

松本20(あぶり家:生ビール).JPG

ツレが注文したので、何を注文したのかはちょっと不明。
写真を途中から撮るのを忘れたので、かなりのお肉を食べました!!

松本21(あぶり家).JPG
松本22(あぶり家:魂のネギタン).JPG

松本23(あぶり家).JPG

松本24(あぶり家).JPG
松本25(あぶり家).JPG

どれも、美味かったで~す!!

さて、おなかが一杯になったら、3軒目「蔵佳」で飲み直しとしますか。。。

松本27(蔵佳).JPG

こちらのお店は、築130年の蔵を改修したお店ということで、とっても趣がはいっていい感じ。

松本28(蔵佳).JPG

お店に入ると、1枚板のカウンターが迎えてくれました(すごい!!)

松本29(蔵佳).JPG

焼肉屋で、ビールとかハイボールとか飲んできたので、こちらでは、川越の焼酎ロックで!!

松本30(蔵佳).JPG
松本31(蔵佳).JPG

女将の出してくれるあても美味しく、お酒が進みます。

松本32(蔵佳).JPG
松本33(蔵佳).JPG
松本34(蔵佳).JPG

居心地の良い空間に、時間が進むのも忘れ、気が付けば1時に。。。

本当に、居心地の良いお店でした!!


落ち着いた雰囲気がたまらない蕎麦屋!!松本「三城」

松本出張の飲みニストは、あずさに乗って松本にお昼前に到着。。。

蕎麦屋1軒目「浅田」さんで十割ざるそばを食べた後は、松本城方面に歩いて「三城」さんへ!!
DSC02300.jpg

お店に来ても、看板もなく、蕎麦屋とも書いていないので、知らない人には全く何屋さんなのかわからない。。。
お店に入ってみると、お客さんはいるんですが、店員は誰もいない。。。(う~ん、どうしよう)

少し待っていると、ようやく女将さんが登場!!席に案内してもらいました!!
店内は、時間が止まっているかのような落ち着いた雰囲気。う~ん、いい感じっす!!
DSC02292.jpg

こちらのお店は、蕎麦のコース(2000円)しかないので、メニューはありません。
大き目のおしぼりが出てきて、「お酒は飲まれますか?」と聞かれます。
気持ち的には、もちろん「はい!!」なのですが、仕事中なので泣く泣く「いいえ」と。。。
お酒の代わりにお茶をだしてもらいました。

まずは、「あみたけ」がでてきましたが、これはまさにお酒のあて。。。(涙)
DSC02290.jpg

そして、ざるそばが登場!!深めのざるに太目の麺がしっかりと入っています。
太目の麺をそばつゆにつけて食べると、シコシコ感が美味~い!!
量も思ったよりもしっかりと入っていたので、満足しました。
DSC02293.jpg

そばを食べた後は、そば湯ももちろんいただきました

ざるそばを食べ終わると香の物が登場。。。う~ん、これもお酒があれば。。。(涙×2)
DSC02296.jpg

締めは、かりん。ほど良い甘さがいい感じでした。
DSC02298.jpg

食べ終わってお店を出ると、店の前に人がいて、「こちらは何の店ですか」と聞かれ「蕎麦屋」と回答したのですが、
ほんと分かんないですよね。。。

【今日のお店】
店名:三城(さんじろ)
住所:長野県松本市大手3-3-5
電話:

プロフィール

nominist

Author:nominist
フードキュレーターの飲みニストです。
日々の飲み歩きの結果を、メシコレ・NOMOOO等に執筆しております。
また、ガラスびん応援隊として、ガラスびんを応援しております。

<メシコレ>
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/curator/tanshinotoko/
<NOMOOO>
http://www.nomooo.jp/author/nominist/
<バスサガス>
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/nominist/
<トラベルラウンジ>
http://japanflight.tripstar.co.jp/column/author/nominist/
<ガラスびん応援隊>
http://glassbottle.org/glassbottlenews/ouentai

取材依頼・モニター依頼は、以下のFBページからメッセージにてご連絡ください!!

https://www.facebook.com/nominist/

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
食べログ グルメブログランキング