fc2ブログ

カルピス本社にて、『発酵のチカラ』ミーティングに参加してきました!!

7月23日(木)、お休みの飲みニストは、恵比寿にて。。。

カルピス01.JPG

今日は、カルピスさんの『発酵のチカラ』ミーティングに参加するために、カルピス本社にやってきました!!

カルピス02.JPG

こんな恵比寿の駅の近くに、カルピス本社があるとは、知りませんでした。。。

会場に入ると、そこにはやっぱり、カルピスウォーター!!

カルピス03.JPG

暑い日に、のどを潤すにはぴったりですね!!


ミーティングがスタートし、まずは、『発酵のチカラ』講習

カルピス04.JPG

創業者の三島海雲が、カルピスを開発するまでのストリーリーを聞いたり、

カルピス05.JPG

カルピスの製造方法について学びました!!

カルピス06.JPG

カルピスが、一次発酵・二次発酵を経てできていることを初めて知りました。

今回は、特別に一次発酵乳と二次発酵乳の飲み比べをさせていただきました!!

カルピス07.JPG

一次発酵乳は、とてもすっぱくて飲むのもつらい感じでしたが、
二次発酵乳になると、そこに甘さも加わり、とっても飲みやすくなりました。

最後に、発行応用研究所での取組を紹介いただきました!!

カルピス08.JPG

血圧降下作用を使って、アミールSを商品化したり、

カルピス09.JPG

発酵乳の香りによってリラックス効果が期待できることを研究しています。

カルピス10.JPG


講習を聞いたあとは、カルピス本社を社内見学体験!!

1.カルピス社発酵技術を活用した商品の紹介

 カルピスバターとカルピスマスカットを試食・試飲させていただきました!!

カルピス11.JPG

カルピス12.JPG

カルピス13.JPG


2.発酵リラックスルーム体験

カルピス14.JPG

カルピス15.JPG

発酵乳の香りが満ちた発酵リラックスルームはとってもいい香り!!

カルピス17.JPG

酵母をイメージした室内は、クッションも壁も酵母の容になっています。

カルピス16.JPG

さぁて、リラックス測定器で、リラックスできているか測定してみましょう!!

カルピス18.JPG

カルピス19.JPG

発酵乳の香りで、リラックスできたので、十分にリラックスできたみたいです!!


3.官能検査室にて官能評価疑似体験

カルピス20.JPG

こちらでは、甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の5つの味の識別テストを行いました。。。

カルピス21.JPG

カルピス22.JPG

カルピス23.JPG

識別テストの結果は、5つのうち正解が1個だけ。。。(泣)


4.カルピスコミュニケーションホール

歴代のカルピスのボトルが陳列されています。

カルピス24.JPG

一番最初のカルピスのボトルは、まるで、ウイスキーのボトルのよう。。。

カルピス25.JPG

そして、世界各国で発売されているカルピスも陳列されていました!!

カルピス26.JPG

アメリカで発売しているのは、「CALPICO」って、面白いですね。。。


5.愛の泉

カルピス社ロビーに飾られている藤城清治作の影絵「愛の泉」

カルピス27.JPG

よく見ると、子供たちがカルピスを飲んでいます!!


社内見学体験のあとは、レシピ体験!!

見学から戻ってくると、テーブルの上にはお弁当が!!

カルピス29.JPG

開けてみると、とっても美味しそうな料理がずら~っと並んでいます

カルピス30.JPG

カルピス28.JPG

色々な体験をして、カルピスのことをより親しみをもつことができたミーティングでした!!


スポンサーサイト



夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2015

7月18日(土)、週末の飲みニストは、上板橋にて。。。

ガラスびん00.JPG

今日は、日本ガラスびん協会の「夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2015」の取材に、
上板橋の「第一金乗湯」さんにやってきました!!

ガラスびん01.JPG

ガラスびん02.JPG

第一金乗湯さんは、シックな色合いのとってもカッコいい佇まいです!!

さて、「夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 2015」ですが、

日本ガラスびん協会では、都内の人気13銭湯にて、「夏休み!ガラスびん×地サイダー&地ラムネin銭湯2015」を7月18日(土)~9月6日(日)まで開催しています。

昨年度は、小杉湯(高円寺)の一か所だけでしたので、今年一気に13銭湯まで拡大したことになります。

<内容>

 ●北は東北から南は九州まで。人気のガラスびん入りご当地の地サイダー&地ラムネ10種が勢ぞろい!
  お風呂上がりに至福のひと時を提供!!

 ●各銭湯いち押しの場面を撮影した、オリジナルポスターも見どころ!!

 ●期間中の毎週日曜日(8月末まで)、先着20組の家族に地サイダー・ラムネを1本プレゼント!!


第一金乗湯さんに入ってみると、

番台の後ろにも、

DSC_0215.JPG

もちろん、冷蔵庫にも、

ガラスびん03.JPG

地サイダー&地ラムネが、ずら~っと並んでいます!!

今回の地サイダー&地ラムネは、以下の10種類です。

 ・伊達サイダー(宮城)
 ・萌えラムネ(東京)
 ・ビードロおいしいラムネ(神奈川県)
 ・元祖ビー玉ラムネゴールドメダル(静岡)
 ・トンボラムネ(富山)
 ・塩サイダー(大阪)
 ・姫路城サイダー(兵庫)
 ・ダイヤモンドレモン(兵庫)
 ・瀬戸内マスカットラムネ(広島)
 ・湯あがり堂サイダー(佐賀)

第一金乗湯さんを見学させていただきました!!

まずは、男湯から

DSC_0236.JPG

2年前にリニューアルされたということで、銭湯の内装もそうですが、ライトもとってもシックな感じでカッコいいですね。。。

DSC_0221.JPG

第一金乗湯には、白湯、薬湯、各種マッサージ風呂、電気風呂、水風呂と色々と楽しむことができます。


そして、女湯に突入(笑)

DSC_0239.JPG

男湯と女湯は異なる銭湯絵師が作成したということですが、まるで1枚の絵のようです。

こちらの第一金乗湯さんで驚かされたのは、

1.電子マネー対応

DSC_0206.JPG

2.Wi-fi対応

DSC_0254.JPG

3.カラオケ設備あり(デイサービス等で使用)

DSC_0209.JPG

4.スマホ充電機を貸与(現在、実験導入中とのこと)

DSC_0202.JPG

円形の充電器を借りて、ロッカーに入れて充電できるタイプ。
これだとスマホを預ける必要もないので、安心ですね。

などなど、銭湯もどんどん進化していっているんだなぁ。。。と実感しました!!

そして、お風呂に入った後は、大阪の地サイダー「塩サイダー」をゴクッと!!

ガラスびん04.JPG

風呂上りの一杯が、最高ですねぇ。。。

皆さんも、暑い夏、銭湯で地サイダー&地ラムネを飲んで癒されましょう!!


6/19 ガラスびん応援部:石塚硝子工場見学ツアー!!

6月19日(金)、休日の飲みニストは、名古屋にて。。。

今日は、日本ガラスびん協会ガラスびん応援隊の活動で、愛知県犬山市の石塚硝子さんへ工場見学にやってきました!!

石塚01.JPG

石塚硝子さんに行くと、石塚社長・稲本工場長に温かく迎えていただきました!!

石塚01-01.JPG

まずは、石塚硝子について、そして岩倉工場についてご紹介いただきました!!

石塚03.JPG
石塚04.JPG

「ガラスを究め、ガラスを超える。」、いい言葉ですねぇ。。。

石塚02.JPG

岩倉工場の中には、ガラスびん工場やガラス食器工場など多数の工場があり、東京ドーム約4個分の面積とのこと、
めっちゃ広いで~す!!

工場見学用の白衣に着替え、外にでると、
今回の工場見学のサプライズで、「びんむすめトラック」が待っていてくれました!!

石塚05.JPG
石塚06.jpg

びんむすめの「ジャムびんむすめ」、「梅酒びんむすめ」がラッピングされたトラック!!
ず~っと見たいと思っていた「びんむすめトラック」に出会えて、めっちゃ幸せで~す!!

びんむすめトラックと記念写真を撮ったあとは、いよいよ工場見学にスタート!!

石塚07.JPG

工場に来て、煙突をみるとワクワクしてしまうのは、なぜでしょうか(笑)

工場のなかを歩いていると、

石塚08.jpg

「びん入りはおいしい!グラスで飲もう!乾杯!!」

ガラスびん応援隊として、ガラスびんの良さを伝えていきたいものです。

さらに工場を歩いていくと、当然ですが、ガラスびんの現在料があります。

【珪砂】
石塚10.JPG

【カレット】
石塚11.JPG
石塚12.JPG

ガラスびんの原料は、圭砂・石灰・ソーダ灰、そして、びんを細かく砕いた「カレット」が主原料になっています。
現在では、「カレット」の使用量が9割と、ガラスびんのリサイクルは進んでいます!!

まずは、ガラスびん工場といえば、やっぱり溶鉱炉!!

石塚13.JPG

ガラスびん工場の溶鉱炉は、めっちゃ暑い。。。
じっとしているだけで、汗がふき出してきます。。。
ガラスびんを作るために、暑い環境で働いていただいてる方々に感謝です。

石塚14.JPG
石塚15.JPG

窓から溶鉱炉のなかをのぞくと、溶けてドロドロになったガラスを見ることができます。

続いては、ガラスびんの成形工程へ。。。

石塚16.JPG
石塚17.JPG

溶解窯から押し出されたゴブ(溶けたガラス)が、金型で成形され、ガラスびんができていきます。

お次は、PS(プレシュリンク)加工工程へ。。。

石塚18.JPG

こちらに入る前には、毛髪・塵埃除去機の「取るミング」で、毛髪やゴミを取り除きます。

石塚20.JPG
石塚21.JPG
石塚22.JPG

ラベラーで、ガラスびんにシュリンクフィルムをかぶせ、それをシュリンクヒーターで加熱・収縮させることで、
ガラスびんにフィットさせていきます。

そして、小ロット印刷工程を見学。。。

石塚27.JPG

ガラスびんの印刷は、スクリーン印刷が一般的です。
網に被膜をつけたスクリーンを刷版として使用するため、曲面印刷が可能です。

お店の名前の入ったグラスの製造など、小ロットの印刷は、人間の手で一つ一つ印刷していきます。


ガラスびん工場の見学を終了し、続いては、ハウスウェア工場の見学へ!!
こちらの石塚硝子では、ガラスびんだけでなく、ガラス食器も作っているんです。

ガラス食器工場に入るのは、私も初体験ですぅ。。。

石塚24.JPG
石塚25.JPG
石塚26.JPG

ガラス食器の製造工程は、ガラスびんの製造工程と似ています。

ガラス食器の形状によって、プレス成型・フロー成型・プレス&ブロー成型の3種類の成型機での作り方がありますが、
ガラス食器ということで、最後にバーナーで金型の跡を滑らかにするように焼く工程がありました。


工場見学のあとは、製品等の展示スペースを見学させていただきました!!

石塚28.JPG
DSC_0330.JPG
DSC_0354.JPG

色々なガラスびん・ガラス食器が展示されており、ガラスという素材の美しさと可能性をあらためて実感することができました!!

最後に、記念写真!!

石塚99.jpg

今回、石塚硝子を案内いただきました石塚社長・稲本工場長をはじめ石塚硝子の方々、本当にありがとうございました!!

これからも、ガラスびんについて学び、「ガラスびん応援隊」として情報発信していきたいと思います!!


プロフィール

nominist

Author:nominist
フードキュレーターの飲みニストです。
日々の飲み歩きの結果を、メシコレ・NOMOOO等に執筆しております。
また、ガラスびん応援隊として、ガラスびんを応援しております。

<メシコレ>
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/curator/tanshinotoko/
<NOMOOO>
http://www.nomooo.jp/author/nominist/
<バスサガス>
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/nominist/
<トラベルラウンジ>
http://japanflight.tripstar.co.jp/column/author/nominist/
<ガラスびん応援隊>
http://glassbottle.org/glassbottlenews/ouentai

取材依頼・モニター依頼は、以下のFBページからメッセージにてご連絡ください!!

https://www.facebook.com/nominist/

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
食べログ グルメブログランキング