fc2ブログ

日本秘湯を守る会の宿(7):伊豆の踊子執筆の宿「湯本館」で、温泉を楽しむ!!

週末の飲みニストは、伊豆にて。。。

今週は、静岡の城巡り。

今日は、伊豆の日本秘湯を守る会の宿「湯本館」さんに宿泊することにしました。

PXL_20230729_073637911.jpg

PXL_20230729_073654455.jpg

PXL_20230729_073826107.jpg

【湯本館】
日本秘湯を守る会での設営:
   文豪川端康成「伊豆の踊子」執筆の宿
   湯ヶ島は天城山麓狩野川の渓流に沿った静かな温泉場である。
   その中に昔のままのたたずまいを残すのが湯本館、川端康成の宿である。
  「先生はこの階段の途中に座って、玄関の板の間の踊り子をじっとご覧になったのです」
   平成18年に他界したおかみの安藤たまえさんは、昨日のことのように話していた。
   川端さんがふるさとのように愛し、伊豆の踊子を綴った部屋は、今も「川端さん」と呼んで残している。
   四帖半の小さな部屋に一高生のときからノーベル賞を受賞した後まで川端康成が泊まったのである。
   親子三代にわたって川端氏に心酔した湯本館のおかみは、やはり旅心を理解しているのか、
   近代化に抵抗してきた人種なのだろう。何もかもが古い。しかしどこかぬくもりがある宿である。
   やはり古いものが大切なんだなあ…、と思いながらつかる露天風呂に、一葉の枯葉が舞い落ちた。
住所:静岡県伊豆市湯ヶ島1656-1
電話:0558-85-1029

こちらのお宿は、川端康成が伊豆の踊子を執筆した宿ということで、
川端康成が執筆・宿泊した部屋が保存されており、見学することができます。

PXL_20230729_074331951.jpg

今日のお部屋はこちら。

PXL_20230729_074638139.jpg

PXL_20230729_074651850.jpg

PXL_20230729_074706059.jpg

お部屋からは、目の前を流れる狩野川をみることでき、
川沿いの貸切露天風呂の入り口も見えますね。

お宿に着いたら早速お風呂を楽しみます。

【大浴場】
PXL_20230729_080545156大浴場

【家族風呂】
PXL_20230729_081648304家族風呂

【貸切露天風呂】
PXL_20230729_083433123貸切露天風呂

貸切露天風呂は、狩野川に面していて、とってもゆったりと過ごすことができます。
ただ、今はアユ釣りのシーズンということで、朝はアユ釣りの人が川を歩いてきて、
丸見えになるので要注意です。

お風呂や貸切露天風呂を楽しんだあとは、夕食を楽しみます。
夕食は鮎など川魚や野菜など美味しくいただきました。

PXL_20230729_093317226.jpg

【陶板焼き】
PXL_20230729_093327149.jpg

PXL_20230729_093329203.jpg

PXL_20230729_093335478.jpg

【サラダ】
PXL_20230729_093339561.jpg

【刺身】
PXL_20230729_093341608.jpg

PXL_20230729_093350455.jpg

【鮎塩焼き】
PXL_20230729_100906198.jpg

【お新香】
PXL_20230729_103637042.jpg

PXL_20230729_100942795.jpg

PXL_20230729_110714844.jpg

PXL_20231117_110957821.jpg

日本酒は、天城・湯本館・義時の夢と3種類いただきました。

【天城】
PXL_20230729_093552479天城

【湯本館】
PXL_20230729_095551658湯本館

【義時の夢】
PXL_20230729_103653059義時の夢
スポンサーサイト



日本秘湯を守る会の宿(6):御宿 万葉亭で、緑のなかでお風呂を楽しむ!!

週末の飲みニストは、福島にて。。。

今週は、福島の城巡り。
宿泊は、猪苗代町の中ノ沢温泉の「御宿 万葉亭」にやってきました。

PXL_20230722_071141343.jpg

こちらのお宿は、中ノ沢温泉のメイン通りから奥に入ったところにあるため、
周りはすべて森といった感じで、とっても落ち着いた感じです。

【御宿万葉亭】
日本秘湯を守る会の説明:
   16歳以上の方だけの大人の空間「原生林に抱かれ やすらぎの湯あみ」
   中ノ沢温泉は、磐梯熱海温泉から国道115号線を結ぶ母成グリーンラインの起点となる、
   標高1000メートルの高原にあり、宝暦年間に地元の人々の湯治場として開湯、
   以来胃腸の名湯として約260年の時を刻んできた。
   温泉の湧出口は、高村光太郎の「智恵子抄」でも知られる安達太良山の西側、沼の平、障子ヶ岩と呼ばれる
   熔岩の裂目にあり、約7キロを引き湯して利用している。
   湧出口では約70度の温泉も、引き湯によって減温され温泉街では約50度前後になっている。
   現在の中の沢温泉として営業が始まったのは明治18年で、当時は自炊の方がほとんどで米や味噌を背負い、
   徒歩で来て、2〜3週間の滞在で疲れを癒していたといわれている。
   明治33年の安達太良山の噴火でも、温泉の湧出に変化はなく、
   昭和の時代になってスキー場や硫黄鉱山が営業をはじめ、映画館や料亭もできるほどの賑わいであった。
   今は11軒の旅館が軒を連ねており、「御宿万葉亭」は、この地で創業以来130年の小川屋旅館の新館として、
   平成3年に営業を始めた旅館である。
   湯治場の雰囲気の残る温泉街の、ひときわ緑の多い自然に囲まれ、ひっそりと建つ静寂の館で、
   美しい四季の移ろう雑木林を眺めながらの湯浴みは、癒しのひと時である。
住所:福島県耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-166
電話:0242-64-2789

PXL_20230722_071934697.jpgPXL_20230722_071950273.jpg

お部屋もとても素敵な感じで、目の前には木々が広がっています。

チェックインの後は、早速お風呂に入って、癒されます。
まずは、大浴場。総木造りのお風呂は香りがいいですね。
PXL_20230722_084601663.jpg

大浴場のあとは、貸切風呂を楽しみます。
PXL_20230722_084702826.jpgPXL_20230722_084832390.jpgPXL_20230722_084947166.jpg

緑を見ながら、貸切風呂でゆっくり過ごしました。

お風呂を楽しんだあとは、夕食へ!!
夕食は「和風ダイニング たこぼうず」でいただきます。

今日の献立は、こちら。
PXL_20230722_093058121.jpg

まずは、レモンサワーで乾杯です!!
PXL_20230722_093525100レモンサワー

【会津の茶豆とトマト玉】
PXL_20230722_093118002会津の茶豆とトマト玉

【青水無月の移ろう旬】
PXL_20230722_093121994青水無月の移ろう旬(おくらと冬瓜の昆布和え、茗荷寿司、万願寺唐辛子焼き浸し、鰊山椒漬、いちじくの赤ワイン煮、苦瓜白和え、蓮芋黄身酢掛け、穴子煮凝り)
・おくらと冬瓜の昆布和え
・茗荷寿司
・万願寺唐辛子焼き浸し
・鰊山椒漬
・いちじくの赤ワイン煮
・瓜白和え
・蓮芋黄身酢掛け
・穴子煮凝り

【提携網元直送二種】
PXL_20230722_093155408提携網元直送鮮魚(青森直送二種、阿武隈川メープルサーモン)

・青森直送二種
・阿武隈川メープルサーモン

【福島牛しゃぶ】
PXL_20230722_093206823福島牛しゃぶPXL_20230722_095448990福島牛しゃぶ

【夏鮎塩焼き】
PXL_20230722_095516640夏鮎塩焼き

【会津丸茄子と冬瓜すり流し】
PXL_20230722_102150054会津丸茄子と冬瓜すり流し

【濃厚焼き胡麻豆富】
PXL_20230722_102155344濃厚焼き胡麻豆富

【夏の素揚げ野菜】
PXL_20230722_104100524夏の素揚げ野菜

【会津⒮ん蕎麦粉の手打ち蕎麦】
PXL_20230722_104104379会津産蕎麦粉の手打ち蕎麦

【梅干し炊き込み】
PXL_20230722_104735310梅干し炊き込み

【地場野菜の三五八漬け】
PXL_20230722_104738455地場野菜の三五八漬け

【順才の赤出汁】
PXL_20230722_104741182順才の赤出汁

【マスカットルージュシャーベット、錦玉羹、季節の果物】
PXL_20230722_110814145マスカットルージュシャーベット、錦玉羹、季節の果物

美味しい料理には、日本酒を!!

【栄川】
PXL_20230722_094224758栄川

【奥の松】
PXL_20230722_100856235奥の松

【会津ほまれ】
PXL_20230722_104656244会津ほまれ

日本秘湯を守る会の宿(5)元湯 雄山閣で、なまはげ&石焼料理

週末の飲みニストは、秋田にて。。。

今週は、大人の休日倶楽部パスを利用して、秋田の城巡り!!
秋田の宿は、男鹿半島の日本秘湯を守る会の宿「元湯 雄山閣」に宿泊です。

PXL_20230701_070236308.jpg

【元湯雄山閣】
日本秘湯を守る会の説明:
   源泉直行・噴き流しの湯
  「秘湯の湯」イコール「山の中の一軒宿」を想像する方が、多いと思います。現代の便利な日常を離れて、
  『不便を体感する』そんな、少しサバイバル感のある旅のイメージでしょうか。
   ここ、元湯雄山閣のある、男鹿温泉は、日本海に突き出た男鹿半島にあります。
   公共交通を使っても、マイカーでも、一年中来館可能です。開放的な景色の中で、心も開放しましょう!!
   お湯は、源泉をそのまま浴槽に『 噴き流し 』ています。
   男鹿の守り神である、「なまはげ」の口から、勢い良くお湯が「噴き出す」様子は圧巻!!
   まさに、なまはげの叫び声のようです。百聞は一見にしかず。是非、体感ください。お待ちしております。
住所:秋田県男鹿市北浦湯本字草木原52
電話:0185-33-3121

入口で、なまはげが迎えてくれます。
PXL_20230701_070408422.jpg

今日のお部屋は、こんな感じ。
PXL_20230701_070543333.jpgPXL_20230701_071031638.jpg

お部屋にも、やっぱり赤と青のなまはげがいました(笑)

高台にあるので、眺めはよく、日本海が見えます。
PXL_20230701_070641779.jpg

チェックインした後は、早速お風呂へ!!
お風呂にも、やっぱりなまはげちゃんがいました(爆)

お風呂でゆっくりした後は、夕食へ!!
本日の献立はこちら。
PXL_20230701_090229827.jpg

【前菜】
PXL_20230701_090326318.jpg

前菜は、
・鰰寿司
・つぶ貝山葵和え
・もずく酢  の3種類。

【翡翠豆腐】
PXL_20230701_090343020翡翠豆腐

【造り】
PXL_20230701_090349322造り(鰹、平目、樽烏賊、甘海老)

造りは、
・鰹
・平目
・樽烏賊
・甘海老

【男鹿産とろとろ若布】
PXL_20230701_090353522男鹿産とろとろ若布

【黄金鰈塩魚汁焼き】
PXL_20230701_091924369黄金鰈塩魚汁焼き

【男鹿田舎料理「あんぷら餅」】
PXL_20230701_091935015男鹿田舎料理「あんぷら餅」

【サザエつぼ煮】
PXL_20230701_092136633サザエつぼ煮

【豚肉とミズの胡麻味噌バター焼き】
PXL_20230701_090333253豚肉とミズの胡麻味噌バター焼き

ここで、男鹿名物「石焼料理」のイベントがスタート!!
PXL_20230701_092710589男鹿名物「石焼料理」

PXL_20230701_092712663.jpg

桶の中に、焼かれた石を入れると、一気に沸騰してきます。
そこに食材を入れて煮ていきます。
PXL_20230701_092834446.jpgPXL_20230701_093547076.jpg

美味しい料理には、日本酒を!!

【高清水】
PXL_20230701_090443911高清水

【天の戸】
PXL_20230701_092444929天の戸

【北秋田】
PXL_20230701_095806422北秋田

プロフィール

nominist

Author:nominist
フードキュレーターの飲みニストです。
日々の飲み歩きの結果を、メシコレ・NOMOOO等に執筆しております。
また、ガラスびん応援隊として、ガラスびんを応援しております。

<メシコレ>
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/curator/tanshinotoko/
<NOMOOO>
http://www.nomooo.jp/author/nominist/
<バスサガス>
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/nominist/
<トラベルラウンジ>
http://japanflight.tripstar.co.jp/column/author/nominist/
<ガラスびん応援隊>
http://glassbottle.org/glassbottlenews/ouentai

取材依頼・モニター依頼は、以下のFBページからメッセージにてご連絡ください!!

https://www.facebook.com/nominist/

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
食べログ グルメブログランキング