fc2ブログ

日本秘湯を守る会の宿(10):「湯元すぎ嶋」で、源泉かけ流しの温泉と美味しい料理を楽しむ!!

週末の飲みニストは、岐阜にて。。。

今週は、岐阜・愛知旅行。2泊目は、関市の「湯元すぎ嶋」さんに宿泊しました。
PXL_20231008_073803366.jpg

PXL_20231008_074036092.jpg


PXL_20231008_074128236.jpgPXL_20231008_074351224.jpg

【湯元すぎ嶋】
日本秘湯を守る会での説明:
   民芸風の湯宿の安らぎ
   神明温泉はまだ歴史の新しい温泉である。平成9年に毎分107㍑の温泉を掘り当て旅館を開業したという。
   建物も、あちこちから百年をへた古い民家を探し、飛騨の大工に施工をしてもらったらしい。
   黒光りする柱や梁がそれを物語っている。
   廊下の感じなども旅館のそれと異なって広々として気持ちがよい。
   あちこちに切られた「いろり」も田舎情緒を盛り上げてくれる。
   もちろん、夕食はいろり端での郷土料理で季節それぞれの川の幸山の幸が楽しめる。
   温泉はつるつるしたよく温まるお湯で平成21年には新たな大浴場も完成し喜ばれている。
   板取は杉木立とアジサイの美しい村である。
   白川郷や高山の行き帰りにここでもう一泊すれば奥美濃の秘湯の宿が味わえる。
住所:岐阜県関市板取4838番地
電話:0581-57-2532

今日は奮発して、露天風呂付のお部屋(花筏)
PXL_20231008_074752847.jpg

PXL_20231008_074816915.jpg

PXL_20231008_074827777.jpg

PXL_20231008_075041269.jpg

PXL_20231008_075056804.jpg

PXL_20231008_075109150.jpg

部屋にも露天風呂がありますが、まずは大きなお風呂に入りたいと思い、大浴場へ!!屋内・露天のお風呂を楽しみます。
PXL_20231008_080232657.jpg

PXL_20231008_080305471.jpg

PXL_20231008_080319534.jpg

お風呂を楽しんだあとは、夕食を楽しみます。
夕食は、囲炉裏のお部屋でいただきます。
PXL_20231008_092642934.jpg

PXL_20231008_092653435.jpg

今日のお献立は、こちら!!
PXL_20231008_092554023.jpg

〇食前酒 自家製果実酒
PXL_20231008_092844538食前酒:自家製果実酒

〇前菜
 ・長良川大鱒押寿司
 ・栗白和え
 ・枝豆東煮
 ・ハス柄と秋茗荷浸し
 ・鮎有馬煮
 ・荏胡麻豆腐
 ・満月玉子
 ・南瓜麩赤味噌田楽
PXL_20231008_092841264前菜(長良川大鱒押寿司、栗白和え、枝豆東煮、ハス柄と秋茗荷浸し、鮎有馬煮、胡麻豆富、満月玉子)

〇お造り
 ・長良川大鱒昆布締め
 ・岩魚洗い
 ・鮎洗い
 ・蒟蒻
 ・あしらい一式
PXL_20231008_094701492お造り(長良川大鱒昆布締め、岩魚洗い、鮎洗い、蒟蒻)

〇椀替り
 ・松茸土瓶蒸し
PXL_20231008_100905203松茸土瓶蒸し

PXL_20231008_100914945.jpg

〇焼物
 ・鮎塩焼き
 ・名物芋餅
 ・田舎蒟蒻
 ・青唐
 ・南瓜
PXL_20231008_092749888鮎塩焼き

〇お凌ぎ
 ・自家製手打蕎麦
PXL_20231008_102402987自家製手打蕎麦

〇強肴
 ・A5飛騨牛モモとサーロイン網焼
PXL_20231008_093159826A5飛騨牛モモとサーロイン網焼

PXL_20231008_094012596.jpg

〇鍋物
 ・白川郷結旨豚しゃぶしゃぶ
PXL_20231008_103807069白川郷結旨豚しゃぶしゃぶPXL_20231008_103807069白川郷結旨豚しゃぶしゃぶ

〇油物
 ・岩魚あられ揚げ
 ・しし唐
 ・舞茸
PXL_20231008_105457292岩魚あられ揚げ、しし唐、舞茸

〇食事
 ・鮎ご飯
〇香の物
PXL_20231008_105837707鮎ご飯、

〇デザート
 ・和栗ババロア
 ・季節の果物
PXL_20231008_110648505和栗ババロア、季節の果物

美味しい料理にあわせて、母情、竹酒を美味しくいただきました。

食事を楽しんだあとは、家族風呂へ!!
雨が降っていたので、傘をさして、家族風呂まで歩いていきました。
PXL_20231008_111636640.jpg

PXL_20231008_111738929家族風呂

PXL_20231008_111837554.jpg

日本秘湯を守る会の宿(9):「旅館みどり荘」で、黒豚しゃぶしゃぶを楽しむ!!

週末の飲みニストは、鹿児島にて。。。

今週は、鹿児島の城巡り。
今日の宿泊は、吹上温泉の日本秘湯を守る会の宿「旅館みどり荘」です。
PXL_20230923_080249506.jpg

PXL_20230923_080316905.jpg

PXL_20230923_080330218.jpg

PXL_20230923_080348362.jpg

【旅館みどり荘】
日本秘湯を守る会での説明:
   池を眺めながらの露天風呂
   大自然に囲まれ、おだやかな水面をみせるみどり池のほとりにたたずむ「みどり荘」。
   初めて訪れる方は、聞こえるのは小鳥のさえずりだけという、静寂の別天地にしばし声をのんで見とれてしまう。
   池の湖畔に点在する純和風の離れ宿の客室や、温泉からの眺めも最高の贅沢で、
   ここを訪れるのはよほどの温泉通であろうか、池の周りを散策したり、
   湯浴みしながら四季の風情を楽しんでいるように見える。
   斎藤茂吉や吉田紘二郎もここに泊まり歌を残している。
   源泉かけ流しの温泉も好評を得ており、敷地内に自噴するとろっとした温泉の露天風呂も自慢の一つで、
   池を眺めながらの一浴はじつに爽快な気分。心まで温まる温泉を満喫できる。
   この宿は太平洋戦争の末期、知覧や万世飛行場の若者達の出撃前の休養の地とされ、
   先代の女将さんは彼らを母のようにめんどうを見たらしい。
   沖縄沖に散った特攻隊の霊を慰めるために敷地内に観音堂を建立したという。
   食卓に並ぶのは、日本三大砂丘・吹上浜で捕れた新鮮な海の幸など、旬の素材を中心とした和風会席膳で、
   目にも美味しいおもてなし。
   何時かきたことのある懐かしい感じ−そんな気持ちになれる温泉宿。
   細やかな人情と素朴な出湯情緒に心ゆくまで浸っていただきたい宿である。
住所:鹿児島県日置市吹上町湯之裏910
電話:099-296-2020

こちらのお宿のマップはこんな感じ。
みどり池の周囲に配置されています。
PXL_20230923_080517037.jpg

今日のお部屋は、「あざみ」です
PXL_20230923_080837338.jpg

PXL_20230923_080911857あざみ

PXL_20230923_081040809.jpg

PXL_20230923_081056135.jpg

PXL_20230923_081114516.jpg

こちらのお宿は、内風呂・家族風呂・露天風呂があり、色々なお風呂を楽しむことができます。

【家族風呂】
PXL_20230923_083302873.jpg

PXL_20230923_083418459家族湯

【露天風呂】
PXL_20230923_083528290露天風呂

PXL_20230923_083531850.jpg

PXL_20230923_083552709.jpg

お風呂を楽しんだあとは、夕食へ!!
PXL_20230923_091750516.jpg

まずは、レモンサワーで乾杯!!
PXL_20230923_092426440レモンサワー

料理は、
PXL_20230923_091848284.jpg

・前菜4種
PXL_20230923_091905692前菜4種

・刺身
PXL_20230923_091858641刺身

・焼き物(ホタテ)
PXL_20230923_093341491焼き物(ホタテ)

・さつま揚げ、きびなご
PXL_20230923_093345810さつま揚げ(さつま揚げ、きびなご)

・黒豚しゃぶしゃぶ  など
PXL_20230923_091852353黒豚しゃぶしゃぶ

PXL_20230923_092739374.jpg

PXL_20230923_092804415.jpg

PXL_20230923_095728923.jpg

PXL_20230923_095719944.jpg

美味しい料理にお酒が進んで、日本酒(天賦)、焼酎ロックを美味しくいただきました。

【天賦】
PXL_20230923_093531432天賦

【かいこうずロック】
PXL_20230923_101832082かいこうずロック

日本秘湯を守る会の宿(8):「神乃湯」で、大自然のなかで温泉と食事を楽しむ!!

週末の飲みニストは、諏訪にて。。。

今日は、朝から長野県の城巡り、「毒沢鉱泉 神乃湯」に宿泊することにしました。
神乃湯は、諏訪大社下社春宮から坂をあがっていった山の中にありました。

PXL_20230826_082521151.jpg

PXL_20230826_082553957.jpg

PXL_20230826_082619845.jpg

PXL_20230826_082647803.jpg

【神乃湯】
日本秘湯を守る会での説明:
   御柱の木落し坂近くの仙郷
   諏訪大社下社の少し北、急勾配の坂道を登りきるとあたりは一変、
   毒沢仙峡の鬱蒼と生い茂る杉木立に覆われた高台に神乃湯が建っていた。
   玄関は土間風で、民芸調の木造づくり。こぢんまりした部屋の窓辺は、仙郷の緑も清涼感あふれ、空気もおいしい。
  「神乃湯」の由縁は、祖父母の幼子が瀕死の病床のさなか、
   夢枕で弁天様から「持ち山(毒沢仙峡)の鉱泉で治せよ」とお告げを受け、
   沸かし湯と飲泉のおかげで完治したのが宿の興りだとか。
   戦前は自然の鉱泉水そのものが売薬許可を受け、皮膚薬にもなった過去の歴史をもつ。
   明礬泉と緑礬泉の両方の成分をふくむ珍しい鉱泉だ。運転手さんいわく、
   酸性の源泉は飲めば胃腸にもいい「渋の湯」で地元でも折り紙つきとか。
   低めの源泉をいかした温冷浴が自律神経の機能を高めるのにもいいという。
   体の芯から引き締まり、全身がすっきりと軽くなった。
   大食ざんまいの旅館料理はこりごりという人には、野菜や川魚中心の健康食、
   低カロリーの山里料理は嬉しいかぎり。
   鍼灸師、薬剤師でもある若主人は「気軽に湯治や保養に…元気になっていただける宿づくりを目指しています」
   とさりげない。
   緑茂るる静寂境、澄みきった大気に響きわたる野鳥の楽園。ほっと心身も和む宿である。
住所:長野県諏訪郡下諏訪町7083
電話:0266-27-5526

今日のお部屋は弁天のお部屋。
PXL_20230826_082834434.jpg

PXL_20230826_082949151.jpg

PXL_20230826_083045207.jpg

PXL_20230826_083110945.jpg

お部屋の外には、大自然が広がっています。

チェックインしたあとは、早速温泉を楽しみます。
こちらの温泉には、源泉の冷泉と温泉が楽しめます。

PXL_20230826_083258018.jpg

PXL_20230826_083318722.jpg

PXL_20230826_083442176.jpg

温泉のあとは、夕食へ!!

PXL_20230826_092227120.jpg

食前酒をいただいたあとは、早速、日本酒の翠露をいただきます。

PXL_20230826_092603263翠露

【前菜】
PXL_20230826_092404035.jpg

前菜は、
・サーモン 玉葱ドレッシング
PXL_20230826_092409142サーモン、玉葱ドレッシング

・大根
PXL_20230826_092414241大根

・キウイ
PXL_20230826_092417086キウイ

・茄子の煮浸し
PXL_20230826_092428501茄子の煮浸し

・筍
PXL_20230826_092451980筍

・エシャレットPXL_20230826_092456868エシャレット


【蕎麦の実の卵とじ】
蕎麦の実のほろほろした食感がいいですね。
PXL_20230826_092726913蕎麦の実の卵とじ

【鮎の塩焼き】
鮎の塩焼きは、頭から尻尾まで丸かじりで美味しくいただきました。
PXL_20230826_092715761鮎の塩焼き

PXL_20230826_092731670.jpg

PXL_20230826_095410565.jpg

お次のお酒は、白ワイン「MdV善光寺竜眼」をボトルでいただき、
美味しく酔っぱらいました!!
PXL_20230826_094415264MdV善光寺竜眼2022

日本秘湯を守る会の宿(7):伊豆の踊子執筆の宿「湯本館」で、温泉を楽しむ!!

週末の飲みニストは、伊豆にて。。。

今週は、静岡の城巡り。

今日は、伊豆の日本秘湯を守る会の宿「湯本館」さんに宿泊することにしました。

PXL_20230729_073637911.jpg

PXL_20230729_073654455.jpg

PXL_20230729_073826107.jpg

【湯本館】
日本秘湯を守る会での設営:
   文豪川端康成「伊豆の踊子」執筆の宿
   湯ヶ島は天城山麓狩野川の渓流に沿った静かな温泉場である。
   その中に昔のままのたたずまいを残すのが湯本館、川端康成の宿である。
  「先生はこの階段の途中に座って、玄関の板の間の踊り子をじっとご覧になったのです」
   平成18年に他界したおかみの安藤たまえさんは、昨日のことのように話していた。
   川端さんがふるさとのように愛し、伊豆の踊子を綴った部屋は、今も「川端さん」と呼んで残している。
   四帖半の小さな部屋に一高生のときからノーベル賞を受賞した後まで川端康成が泊まったのである。
   親子三代にわたって川端氏に心酔した湯本館のおかみは、やはり旅心を理解しているのか、
   近代化に抵抗してきた人種なのだろう。何もかもが古い。しかしどこかぬくもりがある宿である。
   やはり古いものが大切なんだなあ…、と思いながらつかる露天風呂に、一葉の枯葉が舞い落ちた。
住所:静岡県伊豆市湯ヶ島1656-1
電話:0558-85-1029

こちらのお宿は、川端康成が伊豆の踊子を執筆した宿ということで、
川端康成が執筆・宿泊した部屋が保存されており、見学することができます。

PXL_20230729_074331951.jpg

今日のお部屋はこちら。

PXL_20230729_074638139.jpg

PXL_20230729_074651850.jpg

PXL_20230729_074706059.jpg

お部屋からは、目の前を流れる狩野川をみることでき、
川沿いの貸切露天風呂の入り口も見えますね。

お宿に着いたら早速お風呂を楽しみます。

【大浴場】
PXL_20230729_080545156大浴場

【家族風呂】
PXL_20230729_081648304家族風呂

【貸切露天風呂】
PXL_20230729_083433123貸切露天風呂

貸切露天風呂は、狩野川に面していて、とってもゆったりと過ごすことができます。
ただ、今はアユ釣りのシーズンということで、朝はアユ釣りの人が川を歩いてきて、
丸見えになるので要注意です。

お風呂や貸切露天風呂を楽しんだあとは、夕食を楽しみます。
夕食は鮎など川魚や野菜など美味しくいただきました。

PXL_20230729_093317226.jpg

【陶板焼き】
PXL_20230729_093327149.jpg

PXL_20230729_093329203.jpg

PXL_20230729_093335478.jpg

【サラダ】
PXL_20230729_093339561.jpg

【刺身】
PXL_20230729_093341608.jpg

PXL_20230729_093350455.jpg

【鮎塩焼き】
PXL_20230729_100906198.jpg

【お新香】
PXL_20230729_103637042.jpg

PXL_20230729_100942795.jpg

PXL_20230729_110714844.jpg

PXL_20231117_110957821.jpg

日本酒は、天城・湯本館・義時の夢と3種類いただきました。

【天城】
PXL_20230729_093552479天城

【湯本館】
PXL_20230729_095551658湯本館

【義時の夢】
PXL_20230729_103653059義時の夢

日本秘湯を守る会の宿(6):御宿 万葉亭で、緑のなかでお風呂を楽しむ!!

週末の飲みニストは、福島にて。。。

今週は、福島の城巡り。
宿泊は、猪苗代町の中ノ沢温泉の「御宿 万葉亭」にやってきました。

PXL_20230722_071141343.jpg

こちらのお宿は、中ノ沢温泉のメイン通りから奥に入ったところにあるため、
周りはすべて森といった感じで、とっても落ち着いた感じです。

【御宿万葉亭】
日本秘湯を守る会の説明:
   16歳以上の方だけの大人の空間「原生林に抱かれ やすらぎの湯あみ」
   中ノ沢温泉は、磐梯熱海温泉から国道115号線を結ぶ母成グリーンラインの起点となる、
   標高1000メートルの高原にあり、宝暦年間に地元の人々の湯治場として開湯、
   以来胃腸の名湯として約260年の時を刻んできた。
   温泉の湧出口は、高村光太郎の「智恵子抄」でも知られる安達太良山の西側、沼の平、障子ヶ岩と呼ばれる
   熔岩の裂目にあり、約7キロを引き湯して利用している。
   湧出口では約70度の温泉も、引き湯によって減温され温泉街では約50度前後になっている。
   現在の中の沢温泉として営業が始まったのは明治18年で、当時は自炊の方がほとんどで米や味噌を背負い、
   徒歩で来て、2〜3週間の滞在で疲れを癒していたといわれている。
   明治33年の安達太良山の噴火でも、温泉の湧出に変化はなく、
   昭和の時代になってスキー場や硫黄鉱山が営業をはじめ、映画館や料亭もできるほどの賑わいであった。
   今は11軒の旅館が軒を連ねており、「御宿万葉亭」は、この地で創業以来130年の小川屋旅館の新館として、
   平成3年に営業を始めた旅館である。
   湯治場の雰囲気の残る温泉街の、ひときわ緑の多い自然に囲まれ、ひっそりと建つ静寂の館で、
   美しい四季の移ろう雑木林を眺めながらの湯浴みは、癒しのひと時である。
住所:福島県耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-166
電話:0242-64-2789

PXL_20230722_071934697.jpgPXL_20230722_071950273.jpg

お部屋もとても素敵な感じで、目の前には木々が広がっています。

チェックインの後は、早速お風呂に入って、癒されます。
まずは、大浴場。総木造りのお風呂は香りがいいですね。
PXL_20230722_084601663.jpg

大浴場のあとは、貸切風呂を楽しみます。
PXL_20230722_084702826.jpgPXL_20230722_084832390.jpgPXL_20230722_084947166.jpg

緑を見ながら、貸切風呂でゆっくり過ごしました。

お風呂を楽しんだあとは、夕食へ!!
夕食は「和風ダイニング たこぼうず」でいただきます。

今日の献立は、こちら。
PXL_20230722_093058121.jpg

まずは、レモンサワーで乾杯です!!
PXL_20230722_093525100レモンサワー

【会津の茶豆とトマト玉】
PXL_20230722_093118002会津の茶豆とトマト玉

【青水無月の移ろう旬】
PXL_20230722_093121994青水無月の移ろう旬(おくらと冬瓜の昆布和え、茗荷寿司、万願寺唐辛子焼き浸し、鰊山椒漬、いちじくの赤ワイン煮、苦瓜白和え、蓮芋黄身酢掛け、穴子煮凝り)
・おくらと冬瓜の昆布和え
・茗荷寿司
・万願寺唐辛子焼き浸し
・鰊山椒漬
・いちじくの赤ワイン煮
・瓜白和え
・蓮芋黄身酢掛け
・穴子煮凝り

【提携網元直送二種】
PXL_20230722_093155408提携網元直送鮮魚(青森直送二種、阿武隈川メープルサーモン)

・青森直送二種
・阿武隈川メープルサーモン

【福島牛しゃぶ】
PXL_20230722_093206823福島牛しゃぶPXL_20230722_095448990福島牛しゃぶ

【夏鮎塩焼き】
PXL_20230722_095516640夏鮎塩焼き

【会津丸茄子と冬瓜すり流し】
PXL_20230722_102150054会津丸茄子と冬瓜すり流し

【濃厚焼き胡麻豆富】
PXL_20230722_102155344濃厚焼き胡麻豆富

【夏の素揚げ野菜】
PXL_20230722_104100524夏の素揚げ野菜

【会津⒮ん蕎麦粉の手打ち蕎麦】
PXL_20230722_104104379会津産蕎麦粉の手打ち蕎麦

【梅干し炊き込み】
PXL_20230722_104735310梅干し炊き込み

【地場野菜の三五八漬け】
PXL_20230722_104738455地場野菜の三五八漬け

【順才の赤出汁】
PXL_20230722_104741182順才の赤出汁

【マスカットルージュシャーベット、錦玉羹、季節の果物】
PXL_20230722_110814145マスカットルージュシャーベット、錦玉羹、季節の果物

美味しい料理には、日本酒を!!

【栄川】
PXL_20230722_094224758栄川

【奥の松】
PXL_20230722_100856235奥の松

【会津ほまれ】
PXL_20230722_104656244会津ほまれ

プロフィール

nominist

Author:nominist
フードキュレーターの飲みニストです。
日々の飲み歩きの結果を、メシコレ・NOMOOO等に執筆しております。
また、ガラスびん応援隊として、ガラスびんを応援しております。

<メシコレ>
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/curator/tanshinotoko/
<NOMOOO>
http://www.nomooo.jp/author/nominist/
<バスサガス>
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/nominist/
<トラベルラウンジ>
http://japanflight.tripstar.co.jp/column/author/nominist/
<ガラスびん応援隊>
http://glassbottle.org/glassbottlenews/ouentai

取材依頼・モニター依頼は、以下のFBページからメッセージにてご連絡ください!!

https://www.facebook.com/nominist/

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
食べログ グルメブログランキング